宗田理のぼくの日記帳
2004年1月
★毎日ではありませんが、気まぐれ的に書いています。
 
1月31日(土)
 掲示板で、親子二代で「ぼくら」を読んでくれているとあったので嬉くなった。そこでこんなことを思いついた。
 今の中学校に「ぼくら」の十数人があらわれたらどうだろう。ぼくは「ぼくらシリーズ」で、“いんちきな大人をやっつけよう”をモチーフにして書いてきた。しかし最近の大人を見ていると、小学校に凶器を持ってなぐりこんだり、自分の子どもを餓死させようとしたり……。これはもうぼくが描こうとした大人ではない。そういう奴らに天誅を下すには「ぼくら」しかいないと思ったのだ。教師も親も、児童相談施設もだめ。といって中学生も立ち上がらない。
 そこで問題なのは、どうやって30歳を超えた彼等を中学生にもどすか。そこが解決したら、現代の中学に「ぼくら」を呼び戻したいと思っている。
 こういうのって面白いと思わないかな? みんなの意見を聞きたい。意見はメールコーナーからお願いします。



1月26日(月)
『タオ』(加藤祥造訳・筑摩書房)にこんな一節がある。

 たかの知れた社会なんだ。

 ぼくらはひとに
 褒められたりけなされたりして、
 びくびくしながら生きている
 自分がひとにどう見られるか
 いつも気にしている。しかしね
 そういう自分じゃあなくて、
 社会にかかわっている自分なんだ。

 もうひとつ
 天と地のむこうの道に
 つながる自分がある。
 そういう自分にもどれば
 人に嘲られたって褒められたって
 ふふんという顔ができる。
 社会から蹴落とされるのは
 怖いかもしれないけれど、
 タオから見れば
 社会だって変わっていく。だから
 大きなタオの働きを少しでも感じれば
 くよくよしなくなるんだ。
 たかのしれた自分だけれど
 社会だって、
 たかの知れた社会なんだ。

 もっと大きなタオのライフに
 つながっている自分こそ大切なんだ。
 そのほうの自分を愛するようになれば
 世間からちょっとパンチをくらったって
 平気になるのさ。だって
 タオに愛されている自分は
 世間を気にしてびくつく自分とは
 別の自分だからね

 社会の駒のひとつである自分は
 いつもあちこち突き飛ばされて
 前のめりに走ってるけれど、
 そんな自分とは
 違う自分がいると知ってほしいんだ。

老子をわかるには、頭で取りいれることも必要だが、まず胸で、腹で、さらに全身で感応することではじめて老子の声が聞こえてくると訳者は言う。
「ええじゃないか」でちょっと議論になっているけれど、とにかく老子を読むと「ええじゃないか」もすこしわかってくると思うのだけれど。



1月15日(土)
「ほたるの星」の見本ができた。映画のほうはすでに完成していて、3月から舞台になった山口県で先行上映する。一般公開は6月になる予定。
本の方は映画とは内容がかなり違っている。ぼくが書きたかったのは、いまいちばん求められている教師と生徒の関係だった。小学校、中学校にいろいろ問題があるけれど、教師に情熱があれば子どもたちはついてくる。ホタルを飛ばすということに生徒たちが一つになるところを読んでほしい。この物語にはモデルになった先生がいるが、生徒たちの山口弁はその先生に直してもらった。
2月7日には下関シーモール、2月8日には柳井市クルーズホテルでサイン会と講演をおこないます。
また、ボクラコムでもサイン本販売をすることにした。今回は1冊ずつぼくがカバーに塗料を付けて、暗闇の中で光るものを送ります。限定50冊なので、お早めにご注文ください。
●サイン本注文は→「ほたるの星」サイン本受付ページ

「ええじゃないか」の応募が好調。こんなにいい作品が集まるとは思っていなかった。もっと集まったら本にしたいと考えている。



1月5日(月)
新年明けましておめでとうございます。
ゲストブック、ゲストコラムなどいくつかのコーナーを閉鎖することにした。
また、「ぼくらの寺子屋」も閉鎖するが、しばらく閲覧だけは出来るようにしておく。
かわって、「ぼくらのええじゃないか」をスタートすることにした。
まずは初っぱなにぼくが「2004年 何が起きてもええじゃないか」と題して書いてみた。

 雨ダッテエエジャナイカ
 風ダッテエエジャナイカ
 雪ダッテ夏ノ暑サダッテ
 丈夫ナカラダガアレバエエジャナイカ
 欲ハナク、決シテオコラナイホウガエエジャナイカ
 イツモ静カニ笑ッテルノガエエジャナイカ
 粗末ナ食事ヲ腹八分目、ソレガ健康ト思エバエエジャナイカ
 アラユルコトヲ、自分は勘定ニ入レナイホウガエエジャナイカ
 小サイ車ダッテ、ボロ家ダッテ、アレバエエジャナイカ
 出世ト金持チハ無縁ガエエジャナイカ
 東ニ虐待サレテル子ガイレバ
 行ッテ助ケテヤレバエエジャナイカ
 西ニ戦争スル国ガアレバ
 ワザワザ出カケテ行カナクテモエエジャナイカ
 南ニオレオレ詐欺ニ遭ッタ年寄リガイタラ
 ソレガ人生ダト教エテヤレバエエジャナイカ
 北ニ別レタ夫婦ガイタラ
 エエジャナイカ、地獄ヲ見ナイデスンダト祝福シテヤロウ
 マタモ失敗、オレッテ運ガナインダト思ッタラ、涙ヲ流シ
 オロオロト街ヲアルケバエエジャナイカ
 ミンナカラデクノボート呼バレテモエエジャナイカ
 ホメラレナクテモエエジャナイカ
 苦ニモサレナクテモエエジャナイカ
 ソウイウモノニ
 ナレバエエジャナイカ
 みんなのええじゃないかを募集します。傑作を寄せてください。
「ぼくらのええじゃないか」へ。

↑このページのTOPへ


All copyright 2002 Souda Osamu & bokura Project. All Rights Reserved.